青汁のタイプの種類について

青汁というと、昔のTVCMのおかげで、不味い飲み物というイメージがありますよね。確かに、ケールが主成分に配合されている商品は、ケールに苦味が強く、苦手な味だと感じる人もいるかもしれません。ですが、最近はドリンクタイプだけでなく、さまざまなタイプの商品も発売されています。またドリンクタイプでも、不味くない商品もあるので、毎日飲み続けられるタイプの商品を選ぶといいでしょう。

粉末タイプについて

では、青汁にはどのようなタイプがあるのか、紹介していきます。比較的よく見かける商品は、粉末タイプです。粉末を水に溶かして飲みます。この時、ケールが主成分だと苦味が強く飲みにくいと感じるかもしれませんが、主成分が大麦若葉や明日葉の商品を選ぶと苦味は軽減されます。また、粉末を水ではなく、牛乳で溶かすという方法もあります。

牛乳で溶かす事で、味がマイルドになり、苦みがあまり気にならなくなります。また同時に、牛乳でカルシウムなどの栄養素も摂取できるので、一石二鳥な方法です。ヨーグルトと混ぜる方法は、ヨーグルトの乳酸菌も摂取でき、デトックス効果は倍増です。ただし、注意点としては牛乳はカロリーが高いので、ダイエット目的で飲んでいる人にはおススメできません。

粉末以外のタイプについて

粉末で苦味が少ないものを探してみたり、粉末を牛乳に溶かすなど飲み方を工夫してみたけれど、やはり味が苦手。そう感じる人もいるでしょう。確かには野菜ジュースなどと比べると味にクセが強く飲みやすいとは言えません。ですが、その場合、粉末以外の青汁 ダイエット 口コミタイプを選べばいいのです。どのようなタイプがあるのかというと、冷凍タイプやサプリメントタイプです。

冷凍タイプは、野菜の絞り汁を凍らせたものです。凍らせた事で味は飲みやすくなりましたが、飲む時に解凍するのに時間がかかり、面倒に感じる人もいるかもしれません。サプリメントタイプであれば、苦味を全く感じないので、飲みやすいと言えるでしょう。さらに、栄養価が凝縮しているので、粉末タイプよりも栄養価が高い商品も少なくありません。

1日の食事の中で、1日に必要な栄養素を全て摂取するのは、非常に難しいと言えるでしょう。特に野菜不足になりがちです。これだけの青汁種類を不味いから苦手という先入観だけで、飲まないのは勿体ない話です。飲みにくいのであれば、飲みやすいタイプの商品を選んでみてはどうでしょうか?

野菜ジュースと青汁を比較

日頃の野菜不足を実感した時に、あなたは野菜ジュースと青汁のどちらを飲もうと思いますか?野菜ジュースの方が、コンビニでお手軽に購入する事は可能ですが、どちらが野菜不足解消に効果的なのでしょうか?1杯あたりの原料の違い、野菜摂取量や、栄養バランスなどを考慮して比較してみたいと思います。

青汁のメリットとデメリット

まずメリットは、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、栄養バランスを整える事ができます。アンチエイジング効果や、美容効果があり、カロリーが少ないのでダイエット効果も期待できます。
食物繊維は便秘解消、デトックス効果もあるので、女性に嬉しい効果ばかりです。

粉末を水で溶かす以外に、牛乳やヨーグルトなど、味の変化を楽しめます。粉末やサプリメントなら、持ち運びに便利で、常温で長期保管する事も可能です。次にデメリットは、比較的飲みやすい商品も出てきていますが、原料にケールが含まれると苦味が強く美味しくありません。喉ごしもイマイチで、コンビニでは取り扱いがないので、通販購入が一般的です。

野菜ジュースのメリットとデメリット

メリットは、野菜だけでなく、果物も含まれているため、飲みやすく美味しい商品が多いのがポイントです。1杯あたりの単価を比較すると、野菜ジュースに方が安く購入する事が出来ます。

デメリットは、果物の糖質など、カロリーが高く、製造方法で加熱処理によって、食物繊維やビタミンが減少してしまっている商品もあります。また要冷蔵の商品が多く、持ち運びには不向きです。

野菜不足を解消するために、飲むのであれば、青汁の方が栄養価が高く、効果を実感できると言えるでしょう。飲みにくさがネックになるという人もいるかもしれません。ですが、抹茶やハチミチなどを加えたり、牛乳や豆乳で粉末を溶かしたりと、味に工夫をしてみてはどうでしょうか?4野菜だけで、野菜不足を解消するのは、大変なので、健康補助食品を上手に生活に取り入れる事をおススメします。